ラーメン二郎&猫 2016.02.02 (火)
2016/1/30

IMG_20140114_142904[1]

東京駅 丸の内北口駅舎の天井です。

ここから、山手線に乗り向かった先は、田町駅。

妻・義姉にお付き合いしての、○○区とかのバーゲンに行ったのですが...

俺は何も買わず、妻たちは満足したようです。 よかったですね。

だいたい、ネクタイ1本9000円とか...バーゲンでしょ? 要りません。 (笑)



DSC_4362[1]

で、ブランチの時間になったので妻達と別れ、1人向かった先は...



DSC_4366[1]

ラーメン二郎 三田本店です。

妻は、日曜日に環七一之江店に行くから...という事で、蕎麦屋に行った様子。

義姉も居たしね...。



DSC_4363[1]

着いた時は、この行列...曲がり角手前なので、20人居るのか?程度でした。

この行列が折れ曲がって裏口まで繋がってるといると、ガッカリするのです。 (笑)

土曜休みの方が殆どなので、男女の団体さんとか、カップルとか居ますね。




DSC_4364[1]

見えづらいですが、この日の麺上げは総帥様(創始者)でした。

最近は、助手さんに任せていたりしたようなのである意味、ラッキーなのでした。

先に並んでた団体の女性の方達は、一緒に居た男性が「麺半分」コール...。正解です。 (笑)



DSC_4367[1]

ラーメン(小) 麺硬め+にんにく・カラメ これで、600円です。

写真で見たら、一口でパクッと食べれるようですが、そんな事はありません。 (笑)

俺の前に並んでたカップルより前に、俺にラーメンが配膳され...(麺固めだから早いのです。)

俺の次の2名(麺硬めと大盛り)に配膳されたのでカップルさんは、自分達は忘れられてる...?

と、不安げでした。 でも、その次に配膳されたので、安心した様子でした。

二郎って、イロイロあるので慣れてない方は、不安になりますね。



DSC_4368[1]

この豚が、大きくて厚みも凄いのです。

でも、最初に行った時は、これより大きかったので驚いたものです。 (笑)

で、この日の味は...下ブレ...正直書くと、「イマイチ」。

でも、いいのです。 三田本店で食べるという事に意味があるのです。

味は、当たりの日だと「神的」な味になるので、下ブレでも我慢が出来るのです。

かなり昔に「ミシュランが来た」とかも何処かに書いてあったり、TVとかの取材は断るとか

してるみたい。 でも、正解ですね。 庶民の為のラーメンだし、グルメな感じでもないし...

ジャンキーなラーメンなので、金のない学生が安く満腹になる為にやっているような昔ながらの

ラーメン屋さんですからね。 

以前、ゴルフで一緒になった60歳を過ぎたような方も「ジロリアン」を自負するような、裾野が広い

ラーメン屋さんなのです。





=ふう太&かん太=
21015年6月の記録...1

DSC_3156[1]

23:47  ベッドで寛ぐふう太君。



DSC_3157[1]

一緒に寝るの...?



DSC_3158[2]

って、寝るわけないね。



DSC_3159[1]

気になるのは、かん太の動向のようです。



DSC_3164[1]

ふう太は、ファーミネーターを使うとすぐ、これ位の毛が取れます。



DSC_3111[1]

7:40 俺が起きたら、走って来ました。 バーマンらしいシルエットです。
 

DSC_3141[1]

ご飯のオカワリは、ありません。 (笑)



DSC_3161[1]

お気に入りの場所が...



DSC_3163[1]

沢山有っていいね。



DSC_3160[1]

19時頃に一緒にご飯を食べて...



DSC_3170[1]

23:40 頃には、一緒にマッタリ...。 幸せな一日でしたね。 (笑)





ポチッとお願いします。
 by ふう太&かん太
にほんブログ村 猫ブログ バーマンへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://fuuta0225.blog.fc2.com/tb.php/219-2cb8c6d9