2015.02.06 (金)
2011年2月6日 18時55分

愛猫 ミミ が虹の橋を渡る。

家に来たのが、3歳の時。

16年と半年、一緒に生活し...最後は、会話を理解してる?

と思える程のコミュニケーションが取れてた。

お腹が空いたら、「ゴハン...」って鳴いてたし。(笑)


t02200165_0800060011526495637[1]



虹の橋を渡る数年前から、毛玉を吐くと食欲が無くなり

動物病院で点滴をして貰って回復する、という繰り返しだった...。

この時も一緒だろうと思ったけれど...

食欲は全くなくなり、体重も日に日に減って行く...。

左目がオカシクなり、右足も引きずるありさま。

動けず、おもらしをしたりしてたのでオムツを穿かせてた。

それでも動ける時は自分で足を引きずりながらもトイレに行き

トイレの中で...オムツをしたまんまオシッコを...。(涙)



t02200165_0800060011516554405[1]



運命の日...。

妻が叔母のお見舞いに出掛けてたので、ミミを横に寝かせてTVを

見てたら急に泣きながら右前足で宙を掻くような仕草をしだしたので...???

と見ていたら、「ガクッ」となり動かなくなる...。 15時過ぎ頃...。

慌てて抱き上げて名前を数回呼ぶと...「ハッ」という感じで元に戻ったので

ホッとしたのを思い出す。



t02200165_0800060011516554404[1]



そして、妻が18時50分頃に帰宅し、ミミを抱き上げます。

「生きてて良かった...。」という感じだったのも束の間...。

再度、右前足を...そして...動かなくなる...。

 「病院に電話して...電話して...」と泣きながら叫ぶ妻...。 

俺は黙って、首を振りました。 号泣する妻...。

きっとミミは、妻が帰って来るのを待ってたのでしょう。

18時55分  妻の腕の中で息を引き取れたので、良かったのか?とも思います。

あともう少しで20歳を迎えるので、頑張って欲しかったけど...。

でも、長い時間を共有出来て幸せでした。



mimi-20110215-3.jpg










それから...

いつも一緒に居たミミが居ないってのは、寂しいものですが...。

49日があけるまでは次の猫は飼わない、と決めてたのです。

49日があけた日に出張から戻って、PCを開けると...。

以前からチェックしていた猫種のブリーダーさんが、子猫が生まれたとの記事をアップ。

ミミの猫種は、「ヒマラヤン」と聞いてたけど何か違うのではと思い、猫の種類に関する

本を見てたら「ヒマラヤン」「ラグドール」「バーマン」が該当したのですが、「バーマン」は

足の先の毛が白いのでミミは、「バーマン」ではない...。

ある日、ペットショップで本を見てたら「バーマン」の事を詳しく書いてる本があって読む内に

「バーマン」に興味を持ったのでした。

それからPCでブリーダーさんを調べて、福岡・神奈川・東京のブリーダーさんに注目。

その中で、一番興味を持ったのがこちらのブリーダーさん。


Shwetun Birmans Home

後で知ったのですが、ペットショップで見た本に載ってた「バーマン」は

このブリーダーさんの「バーマン」だったのです。 

世界で「バーマン オブ ザ イヤー」を受賞したんだったか...? 


ブリーダーさんのHP見てたら一匹の猫に釘付けになる...。

この猫の子供が欲しいな~と思う位の可愛さ。

それがこの「チャミ」ちゃん。(現在は、引退してます。)


1[1]


あの時の記事は、「チャミちゃんが一匹だけ子猫を生んだ。」という内容なのでした。

後で聞いた話では、記事をアップした1時間後位に俺がメールを入れたとの事。 

俺がメールを入れた後にすぐ、数人から欲しい旨のメールが入ったけど最終的に

俺に...という結果になったとの事。 一番早かったからかも...?

 「バーマン」 オス 命名 : 「かん太」



で、「バーマン」を調べつつも猫関連のブログ(当時、人気№1)を見てたら可愛い顔をした

「チンチラシルバー」が目に留まったのでした。 何処のブリーダーさんかというのも

記事の中に有ったので、このブリーダーさんも常にチェックを始める。


49日があける頃には、この「チンチラ」のブリーダーさんにも子猫が生まれてて、オスとメス。 

里親募集は記事上まだされてなかったけど、譲ってほしい旨のメールを送ったのでした。


このチンチラシルバーの兄弟は...

もずく&めかぶ&ひじきの部屋

ひじき君


子にゃんこレオ日記

レオ君


そして、その日の夜に、「バーマン」のブリーダーさんからはOKの返事を頂き

「チンチラ」のブリーダーさんからは、「メスは里親が決まってますが、オスならOKです。」

との返事を頂いたのでした。

どちらにも、こちらの状況・心情を伝えるようなメールを送ったので、内容をご理解頂いたようだった。

「チンチラシルバー」 オス 命名 : 「ふう太」


本当に不思議です。

49日が明けた時に、欲しいと思ってたブリーダーさん両方に子猫が生まれてて...

49日が明けたその日に、両方に欲しい旨のメールを入れてその日に了解を得るなんて...。



後日、ふう太のブリーダーさんと電話で話してた時に、ミミが虹の橋を渡った日を聞かれたので

「2月6日です。」と言うと...「その日にふう太が生まれたんですよ...。((驚))」

「鳥肌がたった。」とも言ってたっけ。(笑) これが運命なのでしょうか?



2011年2月6日に生まれた直後が...コレ。

t02200176_0800064011698429628[1]

以前から、「ミミが虹の橋を渡ったら、その日に生まれた猫を探す。」と言ってたのですが

いざそうなると、全く忘れてた。(笑)



「ふう太&かん太」が家に来るようになったのは、このような経緯が有ったのです。

こうして、「ふう太&かん太」との日々が始まります。

と言っても、先に来たのはふう太なのですけどね。(笑)



これから、「ふう太&かん太」の成長を記録して行こうかと思います。

PC壊れても、ここに記録していれば大丈夫? という思惑ですがね。

以前一度、かん太にPCオシャカにされたので...。(笑)

ふう太を先に家に迎えたので、ふう太の記録から始まります。

たまに、ラーメン二郎とゴルフの記事も入りますけどね...。




にほんブログ村 猫ブログ バーマンへ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://fuuta0225.blog.fc2.com/tb.php/33-3688d072